『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『いのちのまつり ヌチヌグスージ』


http://www.sunmark.co.jp/frame_isbn/4-7631-9611-1.html
草場一嘉、平安座資尚(サンマーク出版)
沖縄を舞台に、「あなたの命はこれだけ沢山のご先祖様から受け継いでいる大事なものなんだよ」というお話。
小さめだけどはっきり見やすい絵だし、何よりも沢山のご先祖様が出てくる見開きの絵にとてもインパクトがあって、ぜひ読み聞かせに使って欲しい絵本です。小さい子から大人までおすすめ。

スポンサーサイト
【2006/11/16 21:34】 日本の絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『ぼくにもそのあいをください』


宮西達也(ポプラ社)
http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=26700470
『おまえうまそうだな』シリーズ5冊目最新刊が先月出て、早速5年生の読み聞かせに使いました。
「一番大事なことは、力ではなく相手を思いやる気持ち(愛)」
説教臭いかな…と思う部分もありましたが、今の5年生にぜひとも伝えてあげたいお話だと思って読みました。かわいいイラストなので、最初ちょっとバカにしながら聞いていた男の子達も、話が進むに連れて真剣な顔して聞いていました。よかった。
【2006/11/15 15:25】 日本の絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『教室はまちがうところだ』
gakkou.jpg

(蒔田晋治・長谷川知子/子どもの未來社)
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4901330403/249-1834934-3425149
元中学教師の蒔田さんの詩を元に作られた絵本。年とともにだんだん間違うことを恐れてみんなの前で発言できなくなったりするけど、そんなのを気にせずどんどんやっていこう、という明るくて前向きな詩で元気が出ます。子供はもちろん大人にもおすすめ。
リンク
【2006/02/15 13:53】 日本の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) |
『わたしのいもうと』
imouto.jpg

(松谷みよ子・味戸ケイコ/偕成社)
amazon
私の妹は小学4年生の時、転校先の学校でわけもなくいじめられ登校拒否になり…。とても重くて辛くて悲しいお話。松谷みよ子さん宛に届いた読者の方からの手紙を元に作った絵本だそうで、4年生に読み聞かせをしたんだけど、聞いている子供達はもちろん、読んでいる私も涙が溢れそうになってしまいました。読み聞かせするには重い本かなとも思ったけれど、いじめられる子がどんなに辛い思いをするのかちょっとでも知って欲しくて読みました。みんなとても神妙な顔をして聞いてました。大人にも子供にもぜひ読んでもらいたい1冊です。
【2006/02/01 14:08】 日本の絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『まんげつのよるに』
252878-2.gif

(木村裕一、あべ弘士/講談社)
講談社のページ
映画化された『あらしのよるに』シリーズ最新刊。講演会で最終話が出るぞと木村先生に聞いてから早2年。待った甲斐がありました。あらすじは読む人の楽しみにとっておきますが…泣きましたよ。やられた…。
【2006/01/28 22:07】 日本の絵本 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。