『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『はっぴぃさん』
331280-3.gif

はっぴぃさん
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=4845
(荒井良二/偕成社)
何でも願い事を叶えてくれるという『はっぴぃさん』に会いに行った男の子と女の子は…。幸せってどんなところにあるんだろう?ほんのり温かい気持ちになる絵本です。
荒井良二さんの絵はのびのびしていていいなぁ☆
スポンサーサイト
【2005/05/24 11:24】 日本の絵本 | トラックバック(2) | コメント(2) |
<<せかいでいちばんつよい国 | ホーム |
comments
--はじめまして--
表紙のカバーだけで、なんだかほんのり温かさが伝わってくるようですね。
今度、探してみます。
【2005/05/28 09:36】 URL | 未月 #-[ 編集] |
--はじめまして☆--
荒井良二さんの絵本は、ほのぼのとした温かい気持ちになります。『ユックリとジョジョニ』もおすすめですよ☆
【2005/05/30 13:58】 URL | べあ #3fP8K/.I[ 編集] |
please comment













管理者にだけ表示を許可する

trackback
trackback url
http://bearaerosmith.blog11.fc2.com/tb.php/1-c22920ba
荒井良二さんにアストリッド・リンドグレーン文学賞!
“児童文学のノーベル賞”と言われているアストリッド・リンドグレーン記念文学賞が、きょう25日ストックホルムにて、ビクトリア皇太子より絵本画家・荒井良二さんへ授与される。日本人初の受賞だ。荒井良二さんは現在48歳。美術・音楽をフィールドにしているアーティス オヤジライター、かく語りき。【2005/05/25 17:57】
【ノスタルジア】「やかまし村の子どもたち」/ラッセ・ハルストレム 
美しく温かい眼差し 素晴らしい映画とは何なのだろうか、と自然に自分へ問いかけたくなる、そんな映画である。 スウェーデンの「やかまし村」にはわずか3軒の家しかなく、村の子どもたち6人はいつも仲が良い。常に一緒に遊び、大人の手伝いをし、いたずらを叱られたりしな Augustrait【2005/05/31 16:58】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。