『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
『リサかぜをひく』
lisa17.jpg

(アン・グットマン、ゲオルグ・ハレンスレーベン/ブロンズ新社)
リサとガスパールのシリーズ。ママに風邪をひくからダメよって言われたのに、水たまりで遊んでたら具合が悪くなっちゃった。怒られないように内緒にしていたけれど、やっぱり具合が悪くて…でも、風邪をひいたら、ちょっぴりいいことがあったよ。
具合が悪いのは辛いけど、子供の頃はこんないいことがあったな、なんて思い出しちゃいました。ほほえましいお話です。
ブロンズ新社の紹介ページ
【2005/07/19 09:16】 外国の絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『すてきなあまやどり』
ehon3914.jpg

(バレリー・ゴルバチョフ/徳間書店)
http://www.ehonnavi.net/ehon00.asp?no=3914
主人公があまやどりした場所には次々と動物たちがやってきて…。子供達が大好きな動物がたくさん出てくるし、ちょうど梅雨の時期なので2年生に読み聞かせしました。ネズミが1匹、ハリネズミが2匹と動物がどんどん大きくなり、数も1匹ずつ増えていくので、「次は何がくるかな?」とみんな楽しそうに聞いていました。絵もとてもかわいい絵本です。読んであげるなら3,4歳から。

【2005/07/12 18:01】 外国の絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『みてるよみてる』
0208022082.gif

(マンロー・リーフ/学研)
「こんな悪い子がいるよ」「やっちゃいけないよ」というのをユーモラスな絵で描いた絵本。親子で「あるある!」なんて笑いながら何度も読みました。大人が読んでも楽しめます。
こんな面白い絵本が絶版なんて残念;ぜひまた復刊してほしいものです。
復刊リクエスト→http://www.fukkan.com/vote.php3?no=9723
★マンロー・リーフの絵本がフェリシモで何冊か復刊してます:こちら
※画像はアメリカ版の表紙(『Four-And-Twenty Watchbirds』'90)
【2005/06/01 07:24】 外国の絵本 | トラックバック(0) | コメント(0) |
『せかいでいちばんつよい国』
kuni-01.gif

http://www.mitsumura-kyouiku.co.jp/shohin/ehon_ippan/30/main_a.htm
(デビッド・マッキー/光村教育図書)
世界中に戦争をしかけ、次々と征服していった『つよい国』。ついに残ったのは、あまりに小さすぎて忘れていた国ただ一つだけ。でも、その国は兵隊が全くいなくて…。小4のクラスで読み聞かせしました。何が一番強いのか。笑いながらも、考えながら聞いていました。絵も話もシンプルだけど、色々考えさせられるお話なので、ニュースに興味を持ってきた年頃の子供にはぴったりかも。
【2005/05/25 09:16】 外国の絵本 | トラックバック(1) | コメント(0) |
前ページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。